忍者ブログ
04<<    05  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      >>06

[260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は金城君の「K-20」を見てきました。
面白かったです。。
金城君も相変わらずかっこよかったし!

で、思うのは・・・
最近邦画が元気なこともあり
日本の映画や、ドラマ制作現場はやっぱりさすがだ、ということと
金城君は日本語北京語英語も操るから、いろんな国の作品に出られて本当にうらやましい、ということ

なんだかんだいっても
こういうちょっとした娯楽作品(実際、気軽に見るジャンルの映画だし)でも
あれほど素晴らしいセットを使うし
SFXやアクションの技術もピカ一だし
役者は安心して演技に参加できるって想像します

もちろんどの技術も難しい仕事なんだろうけど
それをなんなりとやっている(であろう)ところが、ホントにプロだって思う
パンフを読んだところ、だれもがスタッフを信頼していて
それでいてちゃんと意見交換もしているし
で、そのうえで無理のないスケジュール(のはず)で、楽しく撮影しているであろうことが読み取れました。

そういうことが普通にできるには
台湾はまだまだだって気もする。
それほど詳しくないから、どこがどうとか言えないけど
ドラマ制作の現場でも、いつもいっぱいいっぱい、な雰囲気を感じるし
現場は楽しいのかもしれないけど
役者やスタッフの負担やスケジュールの遅れや計画性のなさ
出来た作品の詰めの甘さとか・・・(いつも感じる髪型やその他もろもろの適当さ、とか。。笑)

いろいろひっくるめて
台湾は発展途上?・・・というかこれは国民性なのか?

だからよけいに仔仔が台湾の中だけでもっと上を目指すのは現在は限界があるような・・・
でも、海外に出るには言葉の大きな壁が(汗~~~

そのあたりにファンとしてすごくもやもやしたものを感じるこの頃です。。。
すくなくとも中国語圏なら進出できるのよ!仔!
台湾でいい仕事ができるようになるためにも
外のいい作品にいっぱい出て、キャリアを積んでいい役者になってほしいです。
誰もが愛してやまない仔仔だから
どこの国に行ってもみんな仔仔と仕事したらきっとハッピーになるはず!
ずっと応援するから頑張って!


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
無題
「K-20」本当に面白かってです。少し前まではアクション的な日本映画はハリウッドに比べると劣っていて見ていてもイマイチでしたか、今回「K-20」はCGに頼り過ぎてるハリウッドの映画よりずっといい映画になっていました。内容も感動あり笑いありで期待以上の映画でした。
私も強くかんじました。金城さんは何カ国語か話せるから色んな国の映画に参加出来、経験も豊富。言葉の壁は厚い。台湾以外に中国語圏内で映画やドラマに参加できたら、もっと良い役者になれますよね。仔、がんばって(^_-)
tenten 2009/01/06(Tue)  12:10 編集

←  闘茶DVD    HOME    兼続と必殺  →

フリーエリア
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[01/30 tenten]
[01/18  JK]
[01/12 tenten]
[01/06 tenten]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
プロフィール
仔迷です
HN:
ling
性別:
非公開
自己紹介:
仔迷です。
フリーエリア
フリーエリア
警員編號:00000031
フリーエリア
フリーエリア

Copyright (C) 仔仔プチプチ○○日記 リターンズ All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]