忍者ブログ
07<<    08  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      >>09

[231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今まで5回見ましたが・・・

見れば見るほどエンジャとアトンの関係って・・・

字幕があいまい、っていうのもあるし、
脚本自体にあまり説明する気がない、っていうのもあり
見てる人の感性に任せる、ってことなのかしら~

私は最初見た時は、エンジャはアトンをやっぱり愛してた、って気づいて
だから最後「どうしてまた行くの?」って聞いたのかと思ったんだけど
そのあとのエンディングがやたらさっぱりサバサバした山登りで、
ん??となり、
何度か見るうちに、だんだんといろいろ考えてしまって。。

結局私のとりあえずの結論は

彼女はアトンと愛し合ってたかどうかがよくわからない
その時の勢い(笑)でああいう仲になった二人なんだろうから
あんなことがなければきっとアトンは事故にもならなかったし
だから愛してたかもしれないけど、それを後悔しているのもあって悩んでたんだろう


だからアトンが現れて、愛してたかって聞かれても、
愛してたって言えないのね。。
実際、最後にあの当時の二人の気持ちに立ち戻れたときも
だから別れたくない、とはならず
これからエンジャは新たに人生を歩み
アトンはやすらかに向こうの世界に行く、ってことになるんだろうなぁ・・・

なんか・・・こういうところが、男社会を得意とするトー監督、っぽいところなのかも?ってちょっと思ったり(笑
最後はさっぱり、うじうじしないで別れる、って
男女の間じゃあんなさわやかに別れるってありえないし(爆

万が一当時はあいまいな気持ちで勢いでつきあっただけでも
その時の気持ちに戻って、今はアトンの心の痛みや
いろんな苦しい気持ちを知った今なら
改めて彼を愛するようになってもおかしくないじゃない?

それが全然なくて、
気持ちの整理がきっちりついちゃうところが
映画だなぁ・・・と(笑

現実の男女はドロドロしたもんだね・・・
私も昔の恋人は今も忘れられません。。。。

とまあ、
どうしてあの冒頭以外、
途中や最後に二人のラブラブシーンがないんだろう~~?って思ったんだけど
昔の思い出を清算したい二人、ってことなら納得、ってことかも・・
だからもうキスとかしないのかな・・・って

ちょっと残念~~だなぁ。。。
せっかくラブロマンスっぽいのに
キスシーンなしだよ。。。
それだけが不満な本作。


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret

←  痞子英雄    HOME    コンサートから一か月  →

フリーエリア
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[01/30 tenten]
[01/18  JK]
[01/12 tenten]
[01/06 tenten]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
プロフィール
仔迷です
HN:
ling
性別:
非公開
自己紹介:
仔迷です。
フリーエリア
フリーエリア
警員編號:00000031
フリーエリア
フリーエリア

Copyright (C) 仔仔プチプチ○○日記 リターンズ All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]